G-Works プロ養成ギター教室 http://www.g-works.gr.jp/
お問い合わせはこちら
info@g-works.gr.jp
コラム
第42話 コードの階層 by 矢萩 秀明

 コードの階層についてBlue Bossawp例に説明します。

 和音はスケールの音を3度で積み重ねて構成されます。
ルートを一番下の階層とすると、3rdの階層、5thの階層、7thの階層、9thの階層、11thの階層、13thの階層と言うように階層が上がっていきます。
もう少しまとめると、三和音の階層、四和音の階層、五和音の階層、六和音の階層などとなります。
例えば、四和音のCm7を第1階層とします。
これに9thのテンションを加えて、ルートのCをカットすると、E♭M7になります。これを第2階層とします。
これに更に11thのFを加えて、ルートのE♭をカットするとGm7になります。これを第3階層とします。
また、Cm7のルートの3度下にA音を加えて、一番上のB♭をカットすると、Am7(♭5)になります。これは一つ下の階層ということにします。
(譜例を参照)

 Blue Bossaにつけられたオリジナル・コード・チェンジを第1階層だとします。
バッキングはこの第1階層のコードに従って行います。

普通はこれを基にアドリブをするわけです。
(表を参照)

 更に、第2階層のコードを白玉で弾いてみてください。高めの音域で4音くらいで第1階層のバッキングの上に重ねまるのです。

更に、第2階層のコードでアドリブをしてみてください。

更に、同様に、第3階層のコードで白玉コードや、アドリブをしてみてください。

階層が高くなるにつれて、サウンドも緊張感が増したり、浮遊感を感じたりしませんか?

場合によっては、下の階層のコードを使ってもよいでしょう。

最終的に全部試したら、階層にこだわらずに、好きなチェンジをみつけましょう。

戻る | 第43話へ
Copyright (C)2001-2005 Hideaki Yahagi. All right reserved.
当ページに掲載されている全ての画像、文章、データの無断転用、転載をお断りします。