G-Works プロ養成ギター教室 http://www.g-works.gr.jp/
お問い合わせはこちら
info@g-works.gr.jp
Q&A
<Q6> リズムがいつも走ってしまう?
Kさん (2002/04/11)
 こんなところでこんなコトを書くのはどうかと思うのですが矢萩さんの本を読ませて頂き(ロックギター音楽理論。こうゆう言い方もおかしいかもしれませんがとてもおもしろかったです。)迷った挙げ句書き込みさせて頂きます。つまり質問があるのですが理論的なことではなくリズムのコトですが何か良い練習方法はありませんか??いつもいつも走ってしまうんです。練習のときも必ずと言っていいほどメトロノーム使っていて8分の裏でクリックがなるようにして練習しているのですが。よろしくお願いします。19歳の暦3年くらいのものです。


<A> 矢萩秀明

 ロックギター音楽理論を読んでいただいてありがとうございます。メトロノームの使い方なのですが、8分の裏でクリックがなるようにして練習するのは現時点では逆効果かもしれません。クリックを細かくする方向ではなく、1・3拍、もしくは2・4拍の頭に鳴るようにセットし、拍の裏は自分で感じるようにした方がいいと思います。それから、クリックを待ち構えてそれに合わせようとするのではなく、始めによくテンポを認識したら後は自分のテンポ感で演奏をするようにします。そして、同時に鳴らしてあるクリックはその自分のテンポが合っているかどうかを判断するガイドとして使います。また、まれにピッキングの仕方が悪くてクリックとタイミングが合わないということもあります。

 参考に、原和男さんと言うドラマーから聞いた話しを書きます。彼は、以前、クリックにぴったり合わせる練習を続けていました。クリックと自分の演奏した音の打点が合うとクリックの音が消えるようになりましたが、ちょっと気をゆるすとすぐにずれてしまいます。「クリックにピッタリ合わせるのは思った以上に大変だな。」と思った彼は「それならば、クリックに合わせようとするのではなく、自分の演奏の合間に聞こえてくるクリックがかっこよく聞こえるように演奏しよう!」と発想の転換をしたところとても良いグルーブで演奏できるようになったそうです。さらに付け加えれば、「カッコ良く聞こえるには、自分が感動していないとダメだと思う。結局、クリックは時間や地球の自転と同じで、その法則から逃れる事は出来ないし。と言うか向こうの方が先に存在するわけですから、そのリズムを認めて付き合っていく、こちら側の問題と思う。」とのことでした。
この話しは私に多くの示唆を与えてくれました。


▲戻る
Copyright (C)2001-2005 Hideaki Yahagi. All right reserved.
当ページに掲載されている全ての画像、文章、データの無断転用、転載をお断りします。