G-Works プロ養成ギター教室 http://www.g-works.gr.jp/
お問い合わせはこちら
info@g-works.gr.jp
Q&A
<Q8> ソロを作る場合どうしたら良いのでしょうか?
Nさん (2002/06/02)
 初めまして!!今日は質問があって書き込みさせて頂きました。早速なのですが、私はギターをやっているのですが、アドリブやソロがとても苦手です(汗)学校でも色々教えてもらったり本を読んだりやっているのですがなかなか出来なくて…。【C7・E♭7・G7】それぞれ8小節で、計24小節間でソロを作る場合どうしたら良いのでしょうか?もし宜しければ何かアドバイスをお願いしますm(__)m


<A> 矢萩秀明

 Nさん、初めまして。書き込みありがとう。「【C7・E♭7・G7】それぞれ8小節で、計24小節間でソロを作る場合どうしたら良いのでしょうか?」と言う御質問ですね。う〜ん、これはむずかしい質問ですね。まず、分からないことが多すぎます。例えば、Nさんがどのくらいのテクニックがあるのか?、ソロをしようとする曲のテンポは?、ビートは?,跳ねる跳ねない?、グルーブは?などなど・・・。G-Worksの教室に来ていただければ一番良いのですが、Nさんはお困りのようですから私の著書の「これで征服!ロックギター音楽理論ソロ・メイキング編」から要点をまとめてご紹介します。

準備
1.コード・チェンジを小節数通りやろうとするグルーブで何度も弾いてみて、サウンドや小節感をつかむ。
2.コードごとに対応するコード・トーン、テンション、アボイドなどを理解しておく。
3.コードごとに対応するスケール、ペンタトニックなどを把握しておく。

方法 その1 口アドリブしてソロを作る
 まず、もしもソロを弾こうとする曲のオリジナル音源(CDなど)があるなら、その曲を何度も繰り返し聞き込み、その音楽的なフィーリング(リズムや歌いまわしなど)を自分のものにしましょう。それには楽器を使わず、一緒にソロ・フレーズを歌ってみることです。これは、耳コピーと同じですが、楽器で音をまねるのではなく、歌う事によってまねるのです。楽器を使ってまねると自分の持っている演奏テクニックに左右されてしまい自由に歌えなくなってしまいます。口で歌ってまねるなら比較的簡単にできるはずです。欲しいのはフィーリングです。CDでソロを弾いていく人に成り切って、あのギタリストならこう弾くだろうなと想像しながら、伴奏に合わせながら口で何かフレーズらしきものを恥ずかしがらずに歌ってみるのです。これを録音しておいて、良いフレーズだけを残して、つながりを整理し、ソロを構成してみます。こうしてソロの原形ができたら、あとは実際に弾くだけ。練習あるのみ!

方法 その2 アルペジオを使ったソロ
 はじめに、コード・チェンジにそって各コードのアルペジオ(分散和音)を適当に並べる。この時、全体の音域がソロの結末に向かってだんだん高くなるようにアレンジする。また、コードの変わり目はなるべく順次進行するようにするとなめらかにつながった感じになる。フレーズに使うリズムは、曲のグルーブ(ノリ)に合ったリズム形を使うようにする。リズムはあまり多彩過ぎるとまとまりが無く聞こえるので、リズム的、メロディー的に繰り返しをして統一感をだすようにする。ソロの中に必ず盛り上がりのピーク(クライマックス)を作る必要があるので、クライマックスに向かってだんだんリズムが細かくなり音数が増えるように工夫してソロを構成する。

方法 その3 コードトーンとテンション・リゾルブを使ったソロ
 はじめに、コード・チェンジにそって各コードのコードトーンを一つずつ選ぶ。選んだ音をだんだん音域が高くなるように配置する。次に、選んだ音の前に、その音に解決するテンション・ノートを置く。これで1小節に2個ずつ音を選んだことになります。曲のグルーブにあったリズムパターンを当てはめる。間延びしている所や音域が飛び過ぎている所はスケールやアルペジオでつなぐようにする。ソロの中に必ず盛り上がりのピーク(クライマックス)を作る必要があるので、クライマックスに向かってだんだんリズムが細かくなり音数が増えるように工夫してソロを構成する。

方法 その4 マイナー・ペンタで適当にソロ
 また、もし、Nさんがマイナー・ペンタがひけるなら、C7・E♭7・G7に対してそれぞれCマイナー・ペンタ・Ebマイナー・ペンタ・Gマイナー・ペンタを使う。C7・E♭7・G7に対してそれぞれAマイナー・ペンタ・Cマイナー・ペンタ・Eマイナー・ペンタを使う。C7・E♭7・G7に対してそれぞれGマイナー・ペンタ・Bbマイナー・ペンタ・Dマイナー・ペンタを使う。

 ほかにも色々な方法がありますがこのくらいにしておきます。う〜ん、やっぱり言葉だけで説明するのはむずかしいなー。Nさん、やっぱりG-Worksに訪ねて来てください。


▲戻る
Copyright (C)2001-2005 Hideaki Yahagi. All right reserved.
当ページに掲載されている全ての画像、文章、データの無断転用、転載をお断りします。