G-Works プロ養成ギター教室 http://www.g-works.gr.jp/
お問い合わせはこちら
info@g-works.gr.jp
Q&A
<Q9> 「楽譜に書き出す」ってどう言う意味ですか?
Uさん (2002/05/27)
 初めまして。質問ですが「楽譜に書き出す」ってどう言う意味ですか?理論初心者なのでよろしくお願いします。


<A> 矢萩秀明

 今晩は。書き込みありがとう。「楽譜に書き出す」とはどう言う意味か?と言うご質問ですね。おそらく私の本を読んでいただいてのご質問だと思います。ありがとうございます。

 たとえば次のような場合に使います。

1.何かのフレーズやメロディーなどをCDから耳コピーして、それを音符にして譜面に書き留めた場合、「耳コピーしたフレーズを楽譜に書き出した」と言います。

2.練習の仕方を指示された時、それを調や拍子や使う音域や音使いに合わせて具体的に音符にして譜面に書き留めた場合、「練習内容を楽譜に書き出した」と言います。

3.自分の作曲した音楽を頭の中だけで覚えておくのではなく、音符にして譜面に書き留めた場合、「作曲した音楽を楽譜に書き出した」と言います。

 このように頭の中の抽象的なイメージを具体的な楽譜にすることを「楽譜に書き出す」と表現しています。上のいずれの場合も音符として楽譜にしてみると、楽譜にする以前には分からなかった事が見えるようになります。たとえば、メロディーのリズム構造だとか、メロディーとコードの関係とか、メロディーのクライマックスがどこにあるかとか、曲の構成とか、アクセントの位置とかとても沢山のことが分かります。もし、曲が良くない場合にもどこがなぜ悪いのかも分かります。

 また、練習パターン等を書き出すことにより、練習しようとしているものの構造(しくみ)が早くしっかりと理解できます。さらに、音符を書くことに慣れていけば、書かれた音符を読めるようになるというおまけもつきます。初めは面倒かも知れませんが、後で得られるものは大きいですよ。いいことだらけです。ぜひやって見て下さい。ではまた。


▲戻る
Copyright (C)2001-2005 Hideaki Yahagi. All right reserved.
当ページに掲載されている全ての画像、文章、データの無断転用、転載をお断りします。