G-Works プロ養成ギター教室 http://www.g-works.gr.jp/
お問い合わせはこちら
info@g-works.gr.jp
Q&A
<Q24> 良い音楽理論の本があったら、教えてください。
迷い人さん (2003/03/19)
 良い音楽理論(クラシック、ジャズ)の本があったら、教えてください。耳コピ初心者(理論初心者)が読む場合、どの本が適しているのでしょうか?


<A> 矢萩秀明

 迷い人さんへ

 初う〜ん。これは答えにくいな〜。私としては、私の著書を読んでくださいと言いたいのですが、いかがでしょうか?(笑)決定版は無いと思います。拙著の「ロックギター音楽理論ベーシックセオリー編」を読んでいただければうれしいです。私の理論の師匠の北川祐先生の「ポピュラー音楽理論」(リットーミュージック)もお勧めです。少し読むのに忍耐がいりますが、確かな内容の本です。それから、「音楽通論」(音楽之友社)は一冊持っていた方がいいです。ここまでは必須本としておきましょう。

 以下はオプションで持っていた方が良いもの。「ポピュラー・ミュージックのための和声学」(リットーミュージック)も良いです。「ジャズ・アドリブ入門」(ジェリー・コカー 音楽之友社)はジャズのアドリブについて多くの示唆を与えてくれるだろう。ジャズ全般について学びたい人は、「ジャズ」(ヨアヒム・E・ベーレント誠文堂新光社)コードボイシングについて学びたい人は、「ジャズ・スタディ」(渡辺貞夫)が良いです。また書名は分かりませんが外国の本で分かりやすいものがあります。「ギタリストの全知識」も良いです。

 その他、マニアックな専門書はいろいろあるのですが、またの機会にしますね。ただ、どの本も耳コピーの仕方までは書いていないと思います。


▲戻る
Copyright (C)2001-2005 Hideaki Yahagi. All right reserved.
当ページに掲載されている全ての画像、文章、データの無断転用、転載をお断りします。