G-Works プロ養成ギター教室 http://www.g-works.gr.jp/
お問い合わせはこちら
info@g-works.gr.jp
Q&A
<Q39> プリングオフがうまくできない。
サブリナさん (2003/06/25)
 初めまして。私は今、プリングオフを練習しているのですが、どうしても隣の弦に触れてしまいます。触れないように弱く弦をはじくとプリングオフの音が出ないので、困っています。隣の弦の音を出さずに、ピッキングしたときの同じくらい大きな音でプリングオフの音を出すにはどうすれば良いのでしょうか?


<A> 矢萩秀明

 サブリナさん、大変お待たせしました。

 2弦8フレットのG音を3指で、2弦5フレットのE音を1指で、さらに2弦開放のB音を1指でプリング・オフで弾くとします。1指は人差指、2指は中指、3指は薬指、4指は小指です。この時、鍵になるのは1指で行う1弦のミュートです。2弦5フレットのE音を1指で押さえる時に、1指の指の腹の部分で1弦に触れてミュートします。2弦を弾いて音が出て、そのまま1弦を弾いて見てミュートが効いていれば成功です。

 この状態ができたら、1弦のミュートを外さないように注意しながら、2弦5フレットのE音を押さえている1指を1弦の方向に手首を回転させるようにしてずらしながら、1指の押さえから外れるようにします。下に引っぱって外す感じで2弦開放のB音を出します。決して指を上げるのではありません。この時、1弦のミュートを外さないようにするのが一番大事です。

 これができたら、こんどは2弦8フレットのG音を3指でプリング・オフしてみましょう。まず、2弦5フレットのE音を1指で押さえ1指の指の腹の部分で1弦に触れてミュートします。これはさっきと同じです。この状態を作ってから2弦8フレットのG音を3指で押さえ、さっきと同様にしてプリング・オフします。この時、3詩を動かすと言うより手首を回転させるようにしてやるのがコツです。プリング・オフする時、3指が1弦にも触れてしまいますが、先ほどの1指の腹のミュートが効いていれば1弦の音は鳴りません。

 この二つができたら、連続して3連符でやってみましょう。指をやたらに大きくバタバタ動かしてもうまくいきません。では頑張ってね。もし可能ならG-Worksに聴きにきてください。


▲戻る
Copyright (C)2001-2005 Hideaki Yahagi. All right reserved.
当ページに掲載されている全ての画像、文章、データの無断転用、転載をお断りします。