G-Works プロ養成ギター教室 http://www.g-works.gr.jp/
お問い合わせはこちら
info@g-works.gr.jp
Q&A
<Q43> 高校を卒業したら、大学に行くべきでしょうか?専門学校に行くべきでしょうか?
アンドロ次郎さん (2003/03/08)
 初めまして。ミュージシャンに私もなりたいです。その為には高校を卒業したら、大学に行くべきでしょうか?専門学校に行くべきでしょうか?また専門学校ではどのような入試試験があるのですか?教えてください。


<A> 矢萩秀明

 クラッシック系またはジャズ系の音楽大学(洗足学園短期大学やアメリカ・ボストンのバークリー音楽大学)に入るのでなければ、音楽家になることと大学に入ることは直接関係ありません。ただ、大学に入ることにより身分と生活が保証され、音楽の勉強や活動の時間(4年間!)が確保できることは最大のメリットでしょう。軽音楽系のサークルに入れば仲間もできますし、部室があれば練習場所にも困りません。ただ学費を負担し生活の面倒を見てくれる親には申し訳ないことです。

 次に、専門学校では授業の内容には期待できません。学校が良いカリキュラムと優れた教材を持っていることはほとんど期待できません。内容ややり方はそれぞれの講師にまかされていて、講師によってかなり差があります。また、講師のレベルもさまざまです。一度もプロ活動したことのない人やプロであっても名ばかりで仕事が無くアルバイトのために講師をしている人、ジャズしかやらないので生活のために教えている人などが多いです。中にはしっかりした人もいますから良い講師にめぐり会うことができるのを祈るばかりです。

 専門学校には、高校は何とか出たけれど大学に進学することもできず、かと言って働くのもいやなので、じゃあ音楽の専門学校にでも行くかと言う人がたくさん集まってきています。そういう人達は当然勉強熱心ではないので、全体の学ぼうと言うムードはとても低いのが現状です。もちろんちゃんと学ぼうと言う人もいますが、全体のムードがそのようなのんびりしたものなので大抵の人はそのムードに染まってしまいます。「悪貨は良貨を駆逐する」と言われる通りです。

 しかし、専門学校も大学と同じようなメリットがあります。身分と生活が保証され、音楽の勉強や活動の時間が確保できることは最大のメリットです。またたくさんの仲間ができることもメリットです。設備が優れていることやスタジオが使えることなどもメリットですが、入学案内に写真がのっているからと言って生徒が使用できるとは限りませんからご注意ください。また、必ずしも機材が優れているとは限りません。都内のある大手専門学校にもギターアンプさえろくに無い所もありますよ。案内書を真に受けてはいけません。実際に自分の目で見て確認した方が良いです。それも一日体験入学などではなく通常レッスンをしている時に抜き打ち的に見学しありのままの実態を見た方が良いと思います。また、専門学校は業界とのコネクションもそれなりに持っていますから、オーディション情報なども紹介してもらえる可能性が強いです。そして何より講師として来ているプロと知り合えるのが最大のメリットです。

 専門学校自体には生徒を音楽家に育てようと言う意思は感じられませんからそのあたりはあまり期待しないほうが良いでしょう。専門学校の本質を理解した上でしたたかに利用するのなら良いと思います。

 どの専門学校でどのような入学試験を行うのかは分かりませんので各学校にお問い合わせください。しかし専門学校で永年教え入学試験の試験官などもやった私の経験から言うと、専門学校は基本的には「来るもの拒まず」です。お金さえ払えば入れます。たとえ試験があったとしても適正やその時の技術力を判定するために行うのが目的で、よっぽどひどい態度でもなければ全員入れます。ギターが弾けなくてもはいれます。ただ、Y音楽院はしっかり試験をやります。課題曲と自由曲、初見などだと思います。ただ、講師が不合格にしても学校側は一人でも多く入学させたいのが本音なので、頼み込めば合格になることもしばしばあります。

 ちなみに、専門学校は入学も簡単ですし卒業も簡単です。授業に出席さえしていれば単位がもらえます。単位さえあればギターが全然弾けなくても卒業することができ、国から専門士の賞状(資格)がもらえます。

 私がお薦めするのは、良いプロ・ミュージシャンと知り合うことができればその人に弟子入りすることです。ボーヤ(ローディー)ではありません。あくまでも弟子として学ぶ事をお薦めします。または、信頼できる講師を探して個人レッスンを受けることです。考えて見てください。専門学校に入れば年間100万円から150万円くらいの授業料がかかります。その他の名目のお金を支払うともっとかかります。たとえば、プロのミュージシャンを雇ってスタジオを借りて個人レッスンをしてもらっても年間100万円もかかりませんよ。理論や聴音も専門の先生に習ってもまだおつりがきます。良いプロ・ミュージシャンと出会うためになら、専門学校に入るのも良いと思います。あなたが良い音楽家に巡り会い素晴しいミュージシャンに成長されることを祈っています。

矢萩秀明


この文章はキャリナビのサイトに掲載されたものを許可を得て転載しています。


▲戻る
Copyright (C)2001-2005 Hideaki Yahagi. All right reserved.
当ページに掲載されている全ての画像、文章、データの無断転用、転載をお断りします。