G-Works プロ養成ギター教室 http://www.g-works.gr.jp/
お問い合わせはこちら
info@g-works.gr.jp
Q&A
<Q44> 中学生の時は独学よりも、プロの方に教わった方が良いのでしょうか?
梨音さん (2004/06/29)
 初めまして。 私は、初めはギターに興味は無かったのですが、 DEENの田川伸冶さんを知り、一気に興味が湧きました。 そして、その田川さんの御師匠さんの矢萩さんに質問なのですが、ギターは中学生の時は独学よりも、プロの方に教わった方が良いのでしょうか?

 私は将来音楽の道に進みたいので、中学校から私立に通い、音楽を極めたいと思っているので、受験のための勉強をしています。でもなかなか練習する時間が無く、独りで練習をしています。将来、矢萩さんや矢萩さんのお弟子さんのようなギタリストになるには、中学時代は独学で頑張るのとプロの方に教わるのでは、どちらが自分のためになるでしょうか? 宜しければご返答お願い致します。


<A> 矢萩秀明

 梨音さん、はじめまして。ギタリストの矢萩秀明です。

 田川君は素晴しい弟子でした。ライバルの柴崎君と共にこの時の生徒たちはぐんぐん伸びていったことを覚えています。梨音さんは田川君の演奏を聞いてギターに目覚めたわけですね。それで将来音楽家を目指す決心をされたわけですね。

 質問は「ギターは中学生の時は独学よりも、プロの方に教わった方が良いのでしょうか?」ですね。まず、一般論でお答えします。

 技術や音感のトレーニングなどは、できるだけ早くから正しい方法で練習を始めた方が良いのです。間違った方法で練習を続けるとそれが悪いクセとして固定してしまうからです。ただ、だれでもいいから習えばいいかと言うとそうではありません。いろいろなレベルの先生がいますから、やはりプロとしての経験や講師としての経験が豊富な先生を選ぶことです。どんな先生に出会えるか?出会いはとても大切です。

 また環境も大切です。音楽家の二世の子供たちはやはり優れた感性や耳を持っていることが多いようです。普段の生活の中で歌ったり、音楽を聞いたり、楽器を弾いたり、コンサートに行ったり。そうしたことが家族の中で当り前になっているような環境があれば音楽的に良い環境と言えます。音楽以外の芸術や文化にも関心や理解のある家族の中に育つことができれば最高です。

 ただ、私は違いましたよ。音楽を始めたのは中学3年生の時でしたし、実家はいなかの呉服屋さんだったので音楽的環境はあまり良くない状況でした。学校の音楽の成績も悪かったですよ。(笑)それでもこうしてプロの音楽家として生きています。私は努力して才能の無さや耳の悪さをカバーしてきました。もっとも、良い環境で小さい時から音楽教育を受けていればもっと楽だったかもしれませんが・・・。でも、才能や環境などの問題ではありません。プロの音楽家になると決めて最後まであきらめないことです。多くの人は、途中であきらめてしまうのです。

 真の音楽家として大切なのは、テクニックや才能だけではありません。有名かどうかでもありません。初めはギターは指で弾きますが、うまくなると頭で弾くようになります。多くの人はそこまでですが、真の音楽家は心で弾くのです。あなたの演奏するギターからは音楽だけでなく、あなたの人間性がそのまま現われてきます。せっかちな人は忙しい演奏をします。乱暴な人は荒々しい演奏をします。心の細やかな人は優しい演奏をします。ですから、心を育てることが音楽家にはとても大切なのです。

 梨音さん、あなたはどういう人ですか?中学生時代はまだまだ成長期ですから、音楽以外にもいろいろなことを経験した方がいいのです。勉強もスポーツも、恋も、アルバイトも、旅行も遊びも、友達との会話も読書も、悩みもコンプレックスも、喜びも悲しみも・・・。どんな経験も無駄になりません。最後にはすべて音楽に活きてきますよ。

 私の教室には、小学6年生のF君がいます。4年生の時に高中正義さんのコンサートを見てギターに目覚めました。彼は、プロになることを決意し、ご両親を説得して教室に通い始めました。彼を受け入れる時、私はご両親とよく話し合いました。入学当時彼はまだ小学4年生で、心も体もこれからどんどん変わっていく年頃だからです。彼の気持ちを大切にしたいので、受け入れて教えていますが、彼が今後どう変わっていくかを見ながら接していこうと思っています。

 おそらく梨音さんのご両親も心配されていると思いますよ。音楽の勉強をはじめるにしても、ご両親のご理解と応援なしにはできません。ご両親とよく話し合ってください。けんかしてはだめですよ。(笑)

 さて、長くなりましたが結論です。ご両親とよく話し合い、理解と応援を得てください。そしてじっくりと良い先生をさがして無理のないスケジュールで音楽教育を受けてください。中学時代には、勉強もふくめ音楽以外のことにもおおいにチャレンジ&エンジョイしてください。そして健全な心と体を養ってくださいね。私のホームページのコラムに参考になる話が載っていますのでご覧になってください。

 梨音さんが素晴しい音楽家に成長し、多くの人々の心を豊かにすることができるように祈っています。がんばって!

矢萩秀明


この文章はキャリナビのサイトに掲載されたものを許可を得て転載しています。


▲戻る
Copyright (C)2001-2005 Hideaki Yahagi. All right reserved.
当ページに掲載されている全ての画像、文章、データの無断転用、転載をお断りします。