G-Works プロ養成ギター教室 http://www.g-works.gr.jp/
お問い合わせはこちら
info@g-works.gr.jp
トピックス
正誤表
 「これで征服!ロックギター音楽理論」のベーシックセオリー編とソロメイキング編の初版にミスプリントがありました。大変申し訳ありません。おわび申し上げます。修正箇所をお知らせ致しますので訂正よろしくお願い致します。  矢萩秀明


▼ ベーシックセオリー編の修正箇所

P11 本文の右のブロック下から2行目『ダブルフラットには重変eses(エセス)を』の『重変』は削除してください。

P16 本文の左のブロック下から7行目『初級以上の人に』の『初級』を『中級』に変更してください。

P22 譜例1-14の2段目の譜面の進行の仕方を示すアルファベットが間違っています。
(誤)a→b→c→b→e→b→c→d→f (正)a→b→c→d→e→b→c→d→f

P25 図1-16の下の本文の右のブロック下から6行目『下の表のように』の『下の』を『次の』または『図1-17の』、または『次ページの』に変更してください。

P26 図1-18のフェルマータの意味の欄に『拍をカウントしないで間を取る。』を追加してください。

P35 譜例1-26の増4度のダイアグラムの白丸から黒丸への矢印の上の『半音下』を『半音上』に訂正してください。同様に増5度のダイアグラムの白丸から黒丸への矢印の上の『半音下』を『半音上』に訂正してください。

P53 譜例2-9一番上の強拍の強さの順番がまったく逆になっています。『>』を『<』に訂正してください。『*マーク1つ<*マーク2つ<*マーク3つの順に強い』が正解。

P64 上の本文の右のブロック上から10行目『4のファを「サブドミナント(属音)」』のところを『4のファを「サブドミナント(下属音)」』に訂正してください。同様に『5のソを「ドミナント(下属音)」』のところを『5のソを「ドミナント(属音)」』に訂正してください。

P66 譜例3-4のG Major Scale左から4番目の音をBからCに訂正。左から5番目の音をCからDに訂正。本文の右のブロック上から2行目『音の種類は6種類になって』の『6種類』を『5種類』に変更してください。

P96 譜例3-29の(e)C7のコード・トーンのB音にb(フラット)をつけてください。

P99 本文左側の上から8行目「伴奏(に合わせて」の伴奏の文字の後のカッコは必要無いので削除してください。

P101 最上段の図にA Aolianと書いてあり、五線譜もA Aolian が書いてありますが、 図自体はBLocrianの図になっています。これはB ロクリアンの図の方が合っていて、コードとスケール名、音符が間違っています。正しくはBm7(b5) (・m7(b5)) B Locrianです。
P101
上の図の1弦15フレットの音がC音になっていますが正しくはG音です。

P104 譜例3-36の『A Dorian Scale』は名称と譜例が違っています。ここは『A Melodic Minor Scale』の名称と譜例が来る所です。
P104

P105 本文右側下から3行目”「オLクタード(ドミナント)スケールとよばれて”の所。スケールの文字の後でカギカッコ閉じを追加してください。

P112 図3-9のパターンナンバーが違っています。上から『2、3、4、5、1』に変更してください。

P113 図3-10のパターンナンバーが違っています。上から『3、4、5、1、2』に変更してください。メジャーペンタのパターン3の6弦5fが普通の黒丸になってますが、ここはルートなので白の二重丸にしてください。

P118 図3-11のパターンナンバーが違っています。上から『4、5、1、2』に変更してください。

P119 図3-11のパターンナンバーが違っています。『3』に変更してください。本文の左のブロック上から2行目『パターン1と4が重要だ。』の『パターン1と4が』を『パターン2と4が』に変更してください。

P127 譜例3-60の『C Major Pentatonic Scale』のG音の下のスケールディグリーが4になっているのを5に、A音の下のスケールディグリーが5になっているのを6に、C音の下には何も書いていないのを8に訂正してください。同様に『C Minor Pentatonic Scale』のF音の下のスケールディグリーが1になっているのを4に、G音の下のスケールディグリーが1になっているのを5に、Bb音の下のスケールディグリーがb5になっているのをb7に、C音の下のスケールディグリーが7になっているのを8に訂正してください。

P142 本文丸6の2行目の『これを1トーナルセンターシステム」』の『1』を削除して代わりに『「』に差し替えてください。

P146 図4-3の右から2列目の上から3行目の音程『長3度』書き方=13の所、『長13度』に訂正してください。

P148 譜例4-5の楽譜の一番左のCsus4のG音を削除してください。

P149 譜例4-6の3段目Eaugコードのコードトーンが間違っています。正しくは下からE,G#,B#です。

P153 図4-8の上から2段目の左から2つ目C6(5弦ルート)の5弦8フレットの音がG音になっていますが正しくはC音です。同様に右から2列目の2つ目のCmM7(5弦ルート)のフレット番号が違っています。
(誤)7f →(正)2f  (誤)9f →(正)4f

P157 図4-11の下から2段目のまん中、FM7(6弦ルート)のダイアグラムの2弦2フレットの黒丸を3弦2フレットに移動してください。

P166 譜例4-19の(4)ダイアグラムの黒丸の位置がずれています。3弦と4弦の位置に下げてください。

P175 図4-25のドミナント7thコードの上から6番目のスケールの名前が違っています。(誤)HMP5↓ →(正)HMP5↓
同様にドミナント7thサスフォーコードの上から2番目のスケールの名前が違っています。(誤)HMP5↓ →(正)HMP5↓

P184 譜例4-40の譜例がまったく違っています。正しくは以下の通りです。
P184

P195 譜例4-68の4小節目の2拍目のコードが違っています。『AM7(#11)』になっているのを半音下げて『AbM7(#11)』に訂正してください。

P200 オープンボイシングの譜例が有りません。以下の譜例を参考にしてください。
P200

その他 筆者紹介の欄の本文3行目
(誤)「ECQの法田勇虫氏と」 →(正)「EGQの法田勇虫氏と」




▼ ソロメイキング編の修正箇所

P49 譜例2-13の(1)Descendingの8小節目の1拍目のG音を長2度上のA音に訂正してください。

P62 譜例2-22の4小節目の3拍目のE音の指番号を3から4に変更してください。

P79 譜例2-39の下にある本文左側の1行目が違っています。
(誤)『A ナチュラルマイナースケールの』 →(正)『A ハーモニックマイナースケールの』

P104 譜例2-55のC Ionianのダイアグラムの3弦2フレットに黒丸を追加してください。

P110 譜例2-59の「バッキングのコード進行」の位置がずれています。2段譜の上の段のコードネームの上のあたりに移動してください。

P111 譜例2-61 同様です。

P112 譜例2-63 同様です。

P116 譜例2-67 EX.2-a 1小節目の4拍目の3個目の音符は上第1線の加線付きのA音です。加線が脱落してしまっています。同様に4個目の音符は上第2間のB音です。加線と符頭が脱落してしまっています。
譜例2-67 EX.2-b 1小節目の4拍目の4個目の音符は上第1線の加線付きのA音です。加線が脱落してしまっています。同様に2小節目の1拍目の1個目の音符は上第2間のB音です。加線と符頭が脱落してしまっています。同様に2小節目の1拍目の2個目の音符は音符は上第1線のA音です。加線が脱落してしまっています。
譜例2-67 EX.2-c 1小節目の4拍目の音符はすべて16分音符です。連桁の横棒が1本脱落してしまっています。

P121 Ex.18の1小節目の1拍目の3つ目の音DをCに変更。4拍目の2つ目の音DをCに変更。
図3-3の指板図がパターン1から5の順になっていますが3-4-5-1-2の順にしてください。

P128 図3-3の指板図の順番を音域の低い方から並べ変えてください。上からPattern3,4,5,1,2の順です。

P156〜157 図3-10の指板図の順番を音域の低い方から並べ変えてください。上からPattern3,4,5,1,2の順です。

P158〜159 図3-11の指板図の順番を音域の低い方から並べ変えてください。上からPattern3,4,5,1,2の順です。

P186 図3-27のタイトルが違っています。正しくは『ペンタトニック&ブルーノートの使い方』です。また、表の左側下から3行目メジャートライアドの綴りが違っています。
(誤)Miajor Triad →(正)Major Triad

P218 譜例4-18(5)の3〜4拍目のコードの指定が違っています。
(誤)G Major Triad →(正)A Major Triad

P252 譜例4-58の譜例のコード・ネームが違っています。
(誤)CM7 →(正)C7

P258 譜例4-65(3)1小節目の3拍目の4個目のG音にチョーキングを示す斜線がついていますがそれを3拍目の3個目のG音に変更してください。

P267 譜例4-77の(3)の1小節目の3拍目のH(ハンマリング)の記号およびスラーの位置が違っています。3拍目の2つ目の16分音符D音と3つ目の16分音符Eb音にスラーをかけH(ハンマリング)の記号をつけてください。

P277 譜例4-92の(3)の1小節目の3拍目裏のD音が4弦の指定になっていますが3弦に訂正してください。
(5)の2小節目の2拍目頭のA音が3弦の指定になっていますが2弦に訂正してください。次のF音は3弦です。
(6)では弦の指定が抜け落ちています。1小節目の2拍目裏のD音と次のE音が4弦、3拍目裏のG音が3弦、4拍目頭のB音と次のD音が2弦、2小節目の1拍目頭のE音が1弦、1拍目裏のD音と次のB音が2弦、2拍目裏のG音が3弦、3拍目頭のE音と次のD音が4弦です。

P317 譜例6-17の1拍目の8分音符に付点をつけてください。
同様に譜例6-18の1拍目頭の8分音符に付点をつけてください。1拍目裏の8分音符を16分音符にしてください。

P339 譜例8-3のDm7のテンションの表示でカッコの中がB音でb13とありますがbを削除して13に訂正してください。(音はB音で合っています。)

その他 筆者紹介の欄の本文3行目
(誤)「ECQの法田勇虫氏と」 →(正)「EGQの法田勇虫氏と」




 こんなに訂正などの箇所があると正直言って落ち込みます。また本書をお買い上げいただいた方に対して申し訳ない気持ちで一杯です。今後このような事の無いよう今回の事を教訓にしていきたいと思います。なお、これらを訂正した第二版が出ることになりましたのでお知らせいたします。  矢萩秀明


▲戻る
Copyright (C)2001-2005 Hideaki Yahagi. All right reserved.
当ページに掲載されている全ての画像、文章、データの無断転用、転載をお断りします。