アコギのトップ板にひびが入ってしまいました。

2010.07.30


投稿者:Kさん

アコギのトップ板にひびが入ってしまいました。 アコギの種類は、YAMAHAのFGX-512SJ というエレアコで、7年前くらいに購入しました。  ひびに気づいたのは2年前くらいだと思います。トップ板の一番下の中央部分から、ブリッジまで縦に20cmくらい入っています。ブリッジの上の方までは 入っていません。それと、トップ板の一番上のネックの右側の部分からピックガードのところまで縦に10cmくらい入ってます。ただ、このひびが塗装のひび なのか、木部のひびなのか自分には判断がつきません。 ちなみにトップはスプルース単板です。ギターは週に3~4回は弾いています。

ここ最近はひびが拡大している様子は見えなく、音に関しては自分が聴いている分には変化は感じられません。 これってこのままの状態で大丈夫でしょうか?こんなふうになるのって、よくあることですか? もしくは修理が必要なものなのか?塗装のひびと木部のひびの見分けはどうすればいいのか? わからないことだらけで申し訳ありませんが、お答えいただけると感謝です。

矢萩秀明からの答え

いつもG-Worksのサイトを見て頂きありがとうございます。
また、この度はご質問ありがとうございます。
できれば次回からは匿名ではなく記名ありでお願いします。

アコギのトップ割れの件ですが、このような内容になるとさすがに専門的な事なので、素人の私がいいかげんなことを言ってはいけないので、志村さん と言うプロを相手にする日本トップクラスのリペア/ビルダーに相談してみましたところ次のようなアドバイスをいたふぁきましたのでお伝えします。

以下、引用。

アコギのトップ割れの件ですが、多分、材の割れだと思われます。
確認する方法がいくつかあります。
割れ目の付近を親指で押してみます。その時押した部分だけがパクパク動くようであれば材の割れ、もしくは、「はぎ」 の部分の接着剥がれが考えられます。
いずれにしても、割れや剥がれであれば、直す事をおすすめします。

引用、以上。

楽器店のリペアーはただ楽器を預かって下請けに出すだけの場合が多いので、できれば直接リペアーマンと話をして修理を依頼されることをお薦めします。
たいていは楽器の構造や修理箇所の状態、修理の方法などを詳しく説明してくれますのでそれを聴くだけでもかなり勉強になります。
もしそうした説明無しにただ楽器を預かるようなリペアーマンはやめた方がよいでしょう。
アコギは保存方法も難しいのでその辺りもアドバイスをしてもらうとよいでしょう。