アコギでロング・トレイン・ランニングが弾けますか?

2020.08.31

投稿者 Oさん

ロング・トレイン・ランニングの曲はアコギでも弾けるようになりますか?
かなり手が痛いですが。イントロのGm7あたりが。

矢萩秀明の答え

ロング・トレイン・ランニング(Long Train Running)はドゥービー・ブラザーズ・バンドの初期のヒット曲で、ギターの刻みがとても印象的な曲ですね。この曲のリズム・ギターはとても秀逸で私も深く研究しました。

エレキ・ギターで弾けるけれどもアコギでは弾けないと言う事でしたら、それは弦のテンションの問題だと思います。
普段エレキギターしか弾いていない人が急にアコギを弾こうとすると手の力が足りなくてコードを押さえきれない場合があります。
1週間くらい頑張って弾いていれば段々力がついてくると思います。

とは言っても1弦のゲージが0.012インチ位のライト・ゲージのセットを張っているならそれは相当テンションがきついはずです。ある資料ではライト・ゲージではトータルで弦のテンションは79.8Kgとなっています。
1弦のゲージが0.011インチのセットにしてみて、もしそれでもダメなら1弦が0.010インチのエクストラ・ライト・ゲージのセットにしてみてください。
アコギの場合、これより細いゲージにはしない方が良いでしょう。
基本的には自分の手の力や演奏スタイルに合わせてゲージを選ぶようにしましょう。

もしエクストラ・ライトを張ってもまだテンションがきついようなら別の問題があるかも知れません。
弦高が高すぎるとかペグに弦を巻き過ぎているとか、ネックが反っているといった可能性がありますからリペアに出して調整してもらいましょう。